お問い合わせ

よくあることです

今、川西方面で カラーベスト葺の屋根をリフォームしています。

カラーベスト葺の屋根の場合、ほとんどが“ 棟(むね) ”と呼ばれる 一番てっぺんの所が鉄板でカバーされています。

その下には “ 貫(ぬき) ”と呼ばれる 9センチ×1.5センチの木材が入っています。

20年前後経ったカラーベスト葺の棟の部分は ほとんどと言っていい位 この貫が腐ったり、鉄板を止めている釘が抜けていたりします

これらがきちんと固定されていないと 当然台風など大風の時に 飛散してしまう訳です。

ほんと かなりの確率で釘は抜けていますよ。

よくあることです

今回も釘がたくさん抜けて棟が浮いていました。

点検・見積もり・ご相談 無料! お問い合わせフォーム