お問い合わせ

逆効果なんじゃないかな? 神戸 雨漏り

神戸で ある建物の雨漏り調査にお伺いしました。

すでにどなたかの手で修理というか 対処された形跡があるのですが やはり天井にシミが出るとの事。

屋根自体は鉄板の ?瓦棒葺(かわらぼうぶき)”と呼ばれる 幅40センチほどの縦方向に長い鉄板を並べた葺き方です。

通常、 屋根の勾配(屋根の傾きです)が緩いときなどに適した葺き方で この物件もかなり緩い勾配でした。

おまけに 今回のようにトラブルが起きたら たちまち部屋内に漏水する ?内樋(うちとい)” 形状の屋根です。

大抵 雨漏りというのは、屋根の真ん中が漏ったりはしません。

端の方、それも水下側が多いです。

今回も水下から10~30センチくらい上がったところです。

201698183716.JPG

で、その屋根の軒先を見ると、何やらコーキングがゴテゴテ状態。

古いコーキングに 新しいコーキングを塗り足したように見えました。

かなり緩い勾配で内樋形状の屋根+雨漏りを恐れて軒先をコーキング ゴテゴテ。

これ、逆効果じゃないかと思うんです。

長くなるんで その説明はまた今度。

点検・見積もり・ご相談 無料! お問い合わせフォーム