お問い合わせ

板金屋根は換気で熱を逃がしましょう

今、工務店様の新築現場で 屋根にガルバリューム鋼板で ? たてはぜぶき” の屋根を葺いています。

鉄板の屋根にすることで屋根の傾き(勾配)を緩くすることが出来、部屋の間取りや 建物のデザインなどの自由度が増えます。

しかし、昔から 鉄板屋根は 夏、下の部屋が暑い! と言われました。

確かに暑いですね…(汗)

ですから 最近は鉄板そのものにも熱を伝えにくい ?遮熱” 性能を持たせた鉄板材料が使われています。

でももっと確実に屋根裏の熱気を逃がすには 屋根に穴をあけることです

で、前もって屋根に穴をあけて 換気部材を取り付けられるようにします。

 

2015228171911.JPG

 

今は寒い季節ですので あまり感じませんが 夏場だと 穴を開けた瞬間に 下の(屋根裏の)熱気が もわ~っと出てきます。

メガネをかけている人なら レンズが曇るくらいです。(ホントですよ)

新築だけではありません。既設の屋根にも取付できますので 興味のある方は一度ご検討を。

 

 

点検・見積もり・ご相談 無料! お問い合わせフォーム