お問い合わせ

変わってますでしょうか? ガルバニウム 板金加工 西宮

なじみの工務店様の新築物件の工事で 玄関の上に平らな屋根を作っていました。

下から見た時 屋根の厚みを持たせる様に「幕板(まくいた)」というものを取付、ボリューム感のある玄関屋根にしています。🙂

その幕板、ベニア板を組み合わせた木造で 高さが約30センチ程の物なんですが、工務店様から「板金でカバーして欲しいんだけど何か良い張り方は無いか」とのご相談を受けました。🤨

よく大きなビルや施設などでは 分厚いアルミ材などで成形加工した部材を取付けることが有りますが、かなり高価な物になります。

かと言ってただ30センチ幅の板金をべチャッと張ってしまうと いかにも安っぽい。🤔

そこで加工に少し手間が掛かるのですが、あえて継ぎ目を強調した「底目地」という張り方をお勧めしました。

こうすることで安価な板金仕様でも ある程度見栄えの良いものが出来たと思っています。👍

最近ではこんな手の込んだ製作をする方も減っていますが 私、こういう手の込んだ物作るの好きなんです。

よく変わってると言われますが…😅

 

点検・見積もり・ご相談 無料! お問い合わせフォーム