お問い合わせ

心配性なもんですから 西宮 神戸 尼崎 カラーベスト屋根 カバー工法

カラーベスト屋根のリフォームで一般的になっているのが板金材でのカバー工法です。

古いカラーベスト材は僅かですがアスベストを含んでいますので その撤去処分に結構な金額が掛かります。😔

また住んでいる家の屋根をめくってしまうのは 天候やその他の問題も有りますので、軽量の板金材で既設屋根材の上からカバーしてしまう工法が主流になっています。👈

今回も少し訳アリのケースでこのカバー工法で施工させて頂く事になりました。

新しくカバーする屋根材は既設カラーベスト材を貫通させて その下地に止める事になります。

多くの場合下地材はベニア板を使っていますので 釘打ち機のスクリュー釘でバンバン留めるのですが、ウチではビスも併用して留めます。🤗

本来なら全部ビス留めでもいいんですが 古いカラーベスト材は現在の物より硬い為、1本づつビスを貫通させて留めるのは結構手間が掛かるんです。🤨

急勾配など足元の状況が不安定な場所ではなおさらです。

そこで基本 釘打ち機で留めて、補足にビスを使っています。

なんか心情的に釘だけというのは少し不安なんですね。ベニア板に釘だけっていうのが。

ええもちろん抜け難いスクリュー釘なんですがね。でもねぇ…。🙄

知人には考え過ぎとよく言われます。

要するに心配性なんです。はい。😅

 

点検・見積もり・ご相談 無料! お問い合わせフォーム