トップページ>今日も屋根の上から>2015年5月

2015年5月

銅板貼りはよく焼けます 豊中

豊中で屋根の銅板葺をしました。

天気のいい日は最悪です。

ピカピカの銅板が太陽を反射して前がまともに見えません。

で、サングラスをする訳ですが これが変な焼け方になるんで あんまり好きじゃない…。

 

2015528193549.JPG

 

ふつう太陽光は上から来ますよね。

しかし銅板の反射は下から来ます。

だから 顔はまともに太陽光にさらされてよく焼けますが、ヘルメットとサングラスのとこだけ陽に焼けないんです。

仕事の時は気にならないんですが、鏡で見ると我ながら 変です。

家族の者にも時々笑われます。 だから天気のいい日の銅板貼りはキライです。

 

 

自転車置き場の波板張替ですが...

今、とある自転車置き場の屋根の波板張り替え工事をやってます。

自転車置き場と言っても 普通の住宅ではなくて 工場の自転車置き場です。

当然そこそこの面積があります。

 

2015518193541.JPG

 

古い屋根をめくるだけで1日かかりました。

あまり大きな声では言えませんが ちょっと強度が足りないのかな…。

ぐらぐらするし…。

おかしなもので 屋根があればそれがある程度の構造材代わりになってますので 上にも乗れるのですが、屋根をめくってしまうと 途端にぐらぐらになって乗れなくなります。

ペンキ屋さんが下地を塗ったら 新しい波板屋根を張るのですが こりゃ大変です。

 

お隣さまのおかげです。 西宮の樋

たての樋が途中で切れているので 雨のたびにお隣さまの敷地内に落ちている とのご依頼。

丁度 雨降りでしたので見にお伺いしてみると あら、たて樋が途中までしかない…。

外れたとか割れて無くなったんじゃなくて 最初から無いみたいです。

 

201558195427.JPG

 

なんでこうなったのか経緯はわかりませんが お隣さまに迷惑をかけている以上 ほっておく訳にはいきません。

継ぎ足すのは難しいことではないのですが、敷地内にハシゴを立てるスペースがない。

しいて言えばお隣さまの敷地内からの作業なら出来そうです。

雨降りのたびに迷惑をかけ、挙句の果てにはそちらの敷地内から作業させてほしいとは 何とも厚かましい話なのではありますが、お隣さまが非常に親切な方で どうぞどうぞと…。

おかげさまで無事、樋をつなぐことが出来ました。

お隣さまの許可が出ない為、工事が出来ない 又は非常に苦労するケースがある中 非常に助かりました。

おまけに駐車場まで使わせて頂いてしまいました。

重ね重ね 有難うございました と深々と頭を下げてまいりました。

ページ上部へ