トップページ>今日も屋根の上から>2013年1月

2013年1月

故障が起きた時困るんです

ガレージの屋根に掛かっている樋から雨がこぼれる とのご依頼。

この樋は“ 内樋(うちとい)”と呼ばれる隠し樋が付いていました。

この内樋というのは 故障すると非常に厄介です。

今回も 原因を探るのに 樋を隠すための木地をめくって確認しました。

結果、中の樋を取替えるために 一度ガレージの明り取りの屋根をめくると言う、ちょっと大事(おおごと)になってしまいました。

故障が起きた時困るんです

樋を外すには屋根をめくらないとダメでした

なんでこんなことになった?

前に空から何か降って来たのか?と思わせるような瓦の破損事例がありました。

またしても屋根から瓦が落ちて来たので見て欲しいとの事。

お伺いして屋根に上がって見て思わず声が出ました。

これ、誰かが蹴ったんじゃないのか?

“棟(むね)”と呼ばれる屋根の一番てっぺんの部分が明らかに一方向からかなりの衝撃が加えられたと思われる様に飛び散っていました。

でも中の土の状態から昨日今日飛んだモノでは無さそうです。

飛んだ瓦が銅板の屋根に穴を開けていましたのでとりあえずコーキングで応急処置…。

台風の様な突風?でも一部分集中で飛んでます。

う~んまたしても原因は解らずです。

なんでこんなことになった?

誰か推測できる方 いらっしゃいませんか

今から危惧されること

今年、間違いなく去年以上にブームになるのは“ 太陽光発電 ”です。

すでに多くの業者が乱立し、もはや“ バブル状態 ”の様に感じます。

TVや新聞などで取り上げられ 関心の高さが伺えます。

42円の買い取り価格が大きな後押しになっている様ですね。

ただ、このバブルの様な状態に 後から大きなつけが廻って来やしないかと危惧する声も上がってきています。

一番大きく危惧されているのは このブームで業者が乱立し 無理やり 屋根にパネルを取り付ける事例が出始めていることです

あのパネルって1枚でも20Kg前後もあるんですよ。

それもかなりの枚数を乗せる訳ですからホントに大丈夫?

今から危惧されること

このブームいつまで続くのでしょう
ページ上部へ