トップページ>今日も屋根の上から>2012年11月

2012年11月

嫌な予感が...

チョットした補修工事にお伺いした物件ですが、ハシゴをかけて屋根に上ろうとしてフッと見た軒先が あら…。

軒裏のべニアがべろんとめくれています。

おまけに軒先には コケがびっしりと。

このカラーベスト屋根は一度塗装されたみたいです。

カラーベスト屋根の再塗装は安価に出来るので つい “これで長年大丈夫だ~” と思いがちです。

以前にもお話ししましたが カラーベスト屋根に塗装される時は 必ず “縁切り”をしてもらって下さい。

これは多分 毛細管現象で逆流した雨水が軒先に溜まった為に コケが生えたり、裏のべニアがめくれているのではないでしょうか。

嫌な予感が...

このコケは 軒先が常に水を含んだ状態であることの証です

こっちの方がいいですよ

ベランダの屋根に付いているジャバラの様な呼樋(よびとい)がちぎれ易いのは以前ご説明しました。

今回もちぎれたんで直してほしいとのご依頼。

行ってみると何だか特殊な?長いジャバラの呼樋がボロボロになっていました。

こんな長いのは多分今は手に入らないだろう と言う事でちゃんとした樋を作ってしまいました

こっちの方が雨水もしっかり流せるのでいいと思いまうよ。

こっちの方がいいですよ

穴も大きく開け直して排水性もよくなりました。

雨漏りは壁からも来ます

1階の天井から雨漏りがするとのご依頼。

幸い天井に点検口が有った為に すぐ近くで確認できました。

すぐ上の屋根のあちこちに散水しても漏れてきません。

まさかと思いながらも 壁に付いているエアコンの配管カバーにかけてみると 早速ポタポタと…

どうやらエアコンの配管カバーを壁に留めたビス穴から漏水したものが壁の中を伝って出て来た様です。

壁にピッタリとカバーが付いているので見逃してしまいがちですが カバーを外して見て これは?!と思った訳です。

風向きや雨量によって発生したり、しなかったりするのはこういった屋根以外の場所が原因であることがあります。

これを見て“ 実はけっこうこれが原因な事が多いんじゃないかな ”って思いました。

雨漏りは壁からも来ます

普段は壁にピッタリとついているので解りません。
ページ上部へ