トップページ>今日も屋根の上から>2012年9月

2012年9月

どうにもならない事もあります

古い瓦屋根のお宅で雨が樋に入らず飛び越えてくるとの事。

樋も昔職人さんが作った 立派な銅の樋がついていました。

でもですね、これだけ瓦がずり落ちてきてしまうと 樋ではなく 瓦を葺き直さないとどうにもなりません。

入母屋造りの手のかかった瓦の葺き方ですが ずれの補修程度では直らないでしょう。

申し訳ありませんが 樋の出寸法調整では対応できませんでした。

どうにもならない事もあります

瓦全体がずれていて 今回はウチでは対応出来ませんでした

台風で一番被害の多いのは

今年も本格的な台風シーズンとなりました。

毎年、台風通過後 一番お問合せが多いのは 雨漏りより 波板の飛散なんです。

ガレージの屋根や 裏の勝手口の上に張ってある 波板の飛散が多いようです。

ただ飛ぶだけならいいのですが 飛んだモノが隣近所に迷惑をかけてしまうと困りますね。

普段でも風が吹くとバタバタと音がしていたら要注意です。

台風で一番被害の多いのは

普段から音に気を付けてみてください

いらないモノは外しましょう

以前、太陽熱温水器がブームになったことがあります。

もちろん今でも使われている方も多いと思います。

しかし、昔 光熱費が安くつくと言うので付けたけど もう使わってない、とか 扱っていた会社が無くなったのでメンテナンスも出来ずにほったらかし なんて方多いんじゃないですか?

それは構わないのですが 使っていないモノを 屋根の上に置きっぱなしにするのは考え物ですね。

太陽熱温水器は結構な大きさ、重量がありますので屋根への負担もありますし、なにより それだけの重量物が屋根から滑って落ちない様に かなり無茶な固定をしてあるケースがあります。

その時は例によって“コーキングのてんこ盛り”でむりやり止水してあっても 年月が経てばコーキングも劣化し雨漏りが… なんてこともあるようです。

温水器にかかわらず 光ケーブルに変えたのでいらなくなったTVアンテナなど いらないモノはさっさと屋根から降ろしましょう。

いらないモノは外しましょう

太陽熱温水器の残骸の下には こんなにサビがついていました。
ページ上部へ