トップページ>今日も屋根の上から>2012年6月

2012年6月

あっさり シンプルに

奥池で 新築物件の屋根を 竪ハゼ葺で葺いていることは 以前お伝えしました。

無事、完成後 同じ敷地内に四阿(あずまや)が出来ました。

で、その屋根に 得意の“ 一文字貼り ”を。

もちろん この手の“ 錺工事(かざりこうじ)”は
手をかければ どんどん大がかりになってしまうので 今回はあっさりと シンプルに…。

あっさり シンプルに

棟もこだわらずに シンプルに仕上げました

台風がこわい

ただ今、台風4号が接近中です。

進路予想などを見ていると なんだかものすごく近くを通りそうです。

心配なのは現在かかっている工事の現場のことです。

堺の方で大きな屋根の葺き替えをしているのですが、古い屋根を撤去した直後ですので非常に心配です。

もちろん それなりの台風養生はしていますが やはり怖い。

以前、あまりに心配で台風の通過中の真夜中に 現場に見に行ったことがあります。

もちろん真夜中ですのでどうすることも出来ないのですが“ 居ても立っても居られない ”と言うヤツです。

今回も” 居ても立っても~ ”です。

台風がこわい

早く 何事もなく過ぎ去ってほしいです。

珍しい例です

今日、近畿地方も梅雨入りしました。

と言うわけでは無いのですが、先日雨漏りの調査に行ったのですが 漏れている場所が2階建ての建物の 1階部分。

2階に漏れた形跡なし。

しかし、どう考えても原因は屋根にあると思いましたので大屋根を細かく調べてみました。

ちょっと見見た位では解らないのですが、ほんとにゴマ位の大きさの穴が開いていました。

雨水の集まる“ 谷 ”と呼ばれる部分です。

こんな小さな穴から?

散水試験で、やっぱり出ました、1階に。

どうやら屋根から漏れた雨水が 壁やら天井やらの内部を通って 2階の天井や壁には出ずに、1階まで落ちて行ったようです。

珍しい事ですが、根本原因がわかってなによりです。

珍しい例です

この穴からの水が、2階を通り越して 1階に出ました。
ページ上部へ