トップページ>今日も屋根の上から

今日も屋根の上から

台風被害の皆様、誠に申し訳ありません

2017102411347.jpg

台風の被害がとんでもないことになりました。

多くの方よりお問い合わせ頂いているのですが、只今対応出来ない状況です。

急を要する案件ばかりですので、 いつになるか御約束出来ないものをズルズル先延ばしにするより、この際ハッキリお伝えした方がいいと思いますので 年内の工事はとりあえずお断りさせて頂いております。

こんな時に皆様のお役、御力になれない自分が悔しいのですが、誠に申し訳ありません!

 

ザーザーあふれるのは雨といが原因です。 屋根の雨漏り

工務店様から雨漏りがひどい物件があるので 一緒に見に来てほしいとの事。

お伺いしてみると 1階部分の天井付近からザーザーあふれるとの事。

雨漏りは大きく分けてジワジワ漏ってくるタイプと、ザーザー漏ってくるタイプが有ります。

後者の場合、雨といや屋根の構造で雨水が集中するところの不具合ということが多いです

今回は屋根の形状的に 多分ここだろうな という予測がついたのですが、残念ながら手の届かない壁の中で、外からは確認できない所でした。

でも、多分原因はこの中なので 壁の鉄板をめくって確認しようということになりました。

幸い壁をめくるのは簡単な作業でしたので すぐ問題の箇所は確認出来ました。

20171016185014.JPG

壁の中に雨といの中継のマスが仕込んであり、そこになんだか良くわからない つぶれた空き缶?みたいなものがすっぽりはまり込んでいた為に 建物の中に全部漏水していたようです。

なんとか掃除が出来、流水確認でOKが出ましたが、 そもそも何で壁の中に中継マスなんか付けたんでしょうか?

 

 

 

まさかの原因でした 神戸 雨漏り

十数年前に私も携わった物件で、計事務所様のご依頼です。

数年前より壁に雨漏りの兆候が見られるとの事。

いろいろ調査し、いくつかの方法で対処したのですが 完全には止まり切っていませんでした。

内側の壁に点検口を付け さらに調査した結果、窓の下に付いている石から吸い込んでいるのでは? という結論になりました

石が水を吸い込むなんて にわかには信じられないのですが、その窓下の石をガルバニューム鋼板でカバーしてみると 確かに雨漏りが止まりました。

2017108113452.JPG

私は石の種類なんかは無知なんで、これがなんて言う石かは知りませんが まさかまさかの事実です。

設計事務所様も ご自分で設計された物件なので、自ら調査を行って頂いたおかげで、 私では考え付かない原因を見つけられました。

これは正直 驚きました。

 

雨漏りは壁からも来ます 西宮 宝塚

雨漏りって普通、屋根のどこからかの不具合で 天井にシミが出来て とか、雨が落ちてきてバケツで受けて とか そういうイメージが有ると思います。

でも稀に、壁から入ることもあるんです。

201792812626.JPG

こういうケースでは 一番多いのが窓回りなどの開口部から。

現在の住宅では 窓廻りは コーキングと言われる 防水用ののりで止水対策をしています。

これが経年劣化で古くなって 漏水、 なら話は簡単なんですが、構造上の問題、あるいは施工上の問題で 壁から漏水することも有ります。

何もない 大きな壁からは漏ったりしません。

大抵、ややこしい開口部や 入り組んだところから漏水します。

これを特定するのが とても大変で、何度も試行錯誤することになります。

実は 外壁の不具合で 雨水が壁の内側に入ってきているんだけど、部屋の中には出ていない というケースもありますので 、何か壁が湿っぽいと感じる場合、注意が必要です。

 

色々ありすぎて間違えました 樋の修理

といの曲がった部分が割れているので 交換して欲しいとの事。

パッと見、何の問題もなく 簡単に部品交換すれば終わりの話です。

201791816518.JPG

割れた部材を見れば‟ 50 ”の文字が。

なんだ50か と思ったのが間違いの元でした。

この数字は樋の太さを示しているんですが 実は50ミリの太さじゃないんです。

ちなみに建築部材はほとんどミリ単位で表記します。

だから50=50ミリかというと違うんです。

現在、一般に使われているもので 50表記の部材は 実測外径で60ミリなんです。

でもこれはJIS表記の排水管の場合でして 一般家庭に使われている 雨といの表記は 60=60ミリなんです。

この説明だけでも 多分多くの方には 訳が解んない話だと思うんですが、今回 私が間違えたのは その昔‟ 50 ”表記で 実測外径54ミリの商品があったんです。

そのことを すっかり忘れておりまして 今の50表記の部材を持っていってあぜん…。なんじゃこれ?となった訳です。

幸い 材料屋さんにあちこち探してもらって、 在庫を持ってるところが有ったんで なんとかなりましたが、 メーカーさん、イロイロ訳のわかんない規格を作るのやめてもらえます?

 

 

 

 

 

雨といのアミはやめて~ 西宮 落ち葉対策

樋掃除のご相談が有りました。

落葉の多い所ですので 何度も樋の掃除をされているようです。

実は少し前にこの近くで同じように樋の掃除をさせて頂いたことが有るんですが、樋の中に網が取付けてあって その網の脱着だけでかなり手間取った話をしました。

201798163049.JPG

肝心の落ち葉(多くは木の種なんかですね)は全部網の下に積もっているんで 網はジャマなだけでした。

網を付けると落ち葉が入らないで メンテナンスフリーになると思っている方がいらっしゃいますが 大きな間違いです。

そんなもの付けるより 年に2回でも樋掃除する方が よっぽど効果的です。

私はいつも言います。

雨樋に役に立たない網を付けるのはやめてくれ~。

 

ベランダの雨漏り ベターな方法で 西宮

ベランダの下から雨が漏るという ご依頼。

アルミ既製品のベランダなんですが、下から漏水して その跳ね返りが お隣様にご迷惑をかけていました。

2017828174554.JPG

原因はベランダの枠と一体になっている ‟ といに相当する部分 ” に ゴミやら埃やらがツマっている事。

もう一つは僅かではありますが ベランダ本体が 水の流れとは 少し反対方向に傾いている事。

多分、以上の原因ですので 一番いいのは 床をめくって、‟ といに相当する部分 ”を掃除。ついでにベランダ本体の傾きを直してやるのがベストです。

でもね、 わかっているんですが それって大事(おおごと)ですよね。

当然ベランダにはエアコンの室外機だとか 物置だとか イロイロのってますから。

要はお隣様に迷惑をかけている要素が取り除ければよいので、漏水した水だけを受ける小さなといを作り、 下までもって行く、という方法をとりました。

もちろん 単に といを付けるだけでなく、水が抜け易いように 少し細工をする必要があります 。

ベストでは無いですが ベターな方法だと思います。

手間は掛かりますが セオリー通りに 尼崎 西宮

先日の台風の影響か 雨樋の不具合、屋根の雨漏りについてのご相談が多くなっています。

今回、15年位前に 屋根の葺き替え工事をされた物件の雨漏り調査のご依頼です。

瓦と板金とのつなぎ目にコーキング( 防水用のり)を塗られていたようなんですが 経年ですっかり劣化してしまい、雨水が浸入していました。

201781817059.JPG

私は何度もお伝えしていますが、コーキングというのは大変便利なもので 近年の建築現場では 欠かせない物の一つです。

しかし、紫外線など経年で劣化しやいモノなんです

ですからコーキングは補助的に、メインは他の部分で というのがセオリーなんですが 皆さん なかなか…。

今回の対処は再度コーキングを塗り直した後、板金ですっぽりカバーする 2重構造にしました。

もちろん 手間が掛かることなんですが セオリー通りの仕事をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、銅板といえば... 屋根 芦屋 宝塚

工務店様から 古い屋根が有るんだけど、直せるか、葺き替えしなきゃいけないのか 見て欲しいとの事。

結構広い敷地にある 茶室?のような小さな建物で、屋根は銅板で葺かれてました。

結論から言うと 葺き替えしなきゃ 直せません。

理由は 昔の銅板は今よりずっと薄くて、 補修でさわると ちぎれてしまうからです。

20178814399.JPG

昔、銅板は一生モノと言われた位 (当時としては)耐久性がある。 かつ高価。

そういう理由から今より2番手位 薄い銅板が使われていました。

また、今より不純物の含有率が高い為、少し硬くて 粘りが少ない

そういう理由で補修する際、曲げた部分がちぎれてしまうことが ままあるんです。

長い経年で生み出された色合いは 天然素材ならではで、新しくしてしまうと ピカピカして イヤだと仰る方も多いのですが、やはり雨漏りには 変えられないんじゃないでしょうか。

 

樋のツマリの原因は地面の下でした 西宮

2階のベランダから下に流れる タテの樋が有ります。

そのベランダの外壁に角型のマスが出ていて そこからタテの樋に繋がっているんですが そのマスから雨があふれるとの事。

2017728181639.JPG

お伺いしてみると、マスには水が溜まって そこから伸びているタテの樋も下まで満タンです。

つまり、詰まっている箇所はず~っと下の地面の中 ということです。

ここからはほぼ土方仕事です。

シャベルで地面を掘って 詰まっている箇所を特定しなくちゃいけません。

幸い30㎝程掘ったところで 地面に埋設されている 排水管が有り、そことの継ぎ目に詰まっているらしいことが解りました。

んで 切開して出てきたものは…洗濯ばさみ

これに色んなものが絡みついて 水が流れなくなっていたという訳です。

これホント時々あるんですよ。

ページ上部へ