トップページ>今日も屋根の上から

今日も屋根の上から

落ち葉除けの網にもこだわってます 西宮 芦屋 宝塚

落葉やらいろんな埃、ゴミが堆積して 雨水がオーバーフロー(あふれ出ることです)するので網をつけて欲しいとのご依頼です。

大きな屋根の雨水が一カ所に集中するように ステンレスで箱樋を付けられているんですが 落ち葉除けの網が付いていませんでした。

ひょっとしたら元々は付けてあったのかも知れませんが 、落ち葉などが絡み合って台風などで飛んでしまった可能性もあります。

どちらにせよステンレスの網を加工して取り付けるのですが、凝り性の私でございますのでこんな網にもチョッとしたこだわりが。

2018418175233.JPG

いつも言いますが 落ち葉除けの網はただペタッと置いただけではダメなんです。

落葉一枚乗っかっただけで塞がれてしまうし、埃や泥が絡み合っても すぐ塞がれてしまうからです。

で、立体的な物を作る訳ですが 普通のハリガネを編んだ網だと切った端部がほつれてしまいます。

そこでイロイロ吟味した結果、網目が大きく、端部がほつれない様に溶接した特殊な網を使っています

これなら目詰まりしにくく、自由な格好に加工できます。

但し、いつも言いますが 落葉の多い所につける場合は、時々はこの網も掃除をしなきゃダメですよ。

 

20年ぶり? 屋根 銅板 芦屋 西宮

芦屋で 銅の屋根の葺き替えをしました。

面積的には僅かな面積でしたが 一部手の込んだ部分が有りました。

20184791526.JPG

屋根のコーナー部分が ”回し葺とか蛤葺(はまぐりぶき)”と呼ばれる特殊な納め方になっていたんです。

神社仏閣ならよくある工法なんですが、あまり一般の住宅でこの工法は使いません。

理由は非常に手間が掛かるから。

現場で一枚一枚寸法取りして 、コンコン叩き出して作ります

正直私も20数年ぶりなんで 出来るか心配でしたが、体の方が覚えてくれてました。

そういえばあの時も 芦屋の新築現場で円形の屋根を何日もこうやって叩いて作ったよな~。(遠い目)

ナント無くのイメージじゃダメなんです 雨とい 宝塚 西宮

前回知り合いのサッシ屋さんから、タテの雨といを少し横にズラして欲しいと頼まれたお話をしましたが、その後日談です。

結局、既成の雨といの部材では寸法的に対応出来なかったので、ステンレス材を使って 天井の狭いスペースに入る部材を作っちゃいました。

2018328184811.JPG

いつも思うんですが、取付けてしまえば 「なんだ出来たじゃん」なんですが、これって結構想像力が必要なんです。

狭いスペースに収まった 完成したものを想像して、そのイメージを持って採寸し、加工するわけです。

だから採寸している時点で 頭の中ではすでに形は出来上がっているんです

逆に言えば、頭の中で完成した姿がイメージ出来なければ 採寸出来ないということになります。

固定方法もわかってなきゃダメですし、ナント無く…のイメージじゃダメなんです。

 

イザとなりゃ作ります 芦屋 宝塚 西宮

知り合いのサッシ屋さんから相談がありました。

サッシの取り換えをしたいのだけれど、既存の竪樋と干渉するので少し横にズラしてほしいのだそうです。

それだけなら部品さえあれば誰でもできる作業だと思うんですが、現場を見てこれが簡単じゃない作業だとわかりました。

理由は狭い軒裏スペース内で横にズラさないといけないからです。

2018318162315.JPG

既製品の部材を使って横にズラすのはかなり難しいと思います。

そりゃそうですよね、でなきゃ私に相談なんかしませんよね。うんうんナットク。

鈑金屋だったら イザとなりゃガルバニューム鋼板やステンレス材等で現状に合った形状のものを作るという方法があるだろ、ってことでしょう。

ええ、ナントカなると思いますよ。多分…たぶん…。(汗)ええ、たぶん…。

チョットしたこだわりです 西宮 芦屋 宝塚 屋根

今月より作業の再スタートをすることになりました。

といってもまだぼちぼち体調を見ながらのスローペースですが。

一番心配だったのは体がどれだけ動いてくれるかということでした。

やっぱりまだ怖いです~(汗、汗)

手始めに去年から工務店様に待って頂いていた小さな屋根の補修仕事です。

現状の鉄板瓦棒葺が経年劣化でサビで穴がいたり、朽ちたりしていたので いつものカバー工法で収めました。

実はこのカバー工法に用いる木材なんですが、チョットしたこだわりがあるんです。

201838113352.JPG

まず既設屋根の上にべニア板を敷きます。

そのべニア板の継ぎ目に木の角材を入れているんですが、既設瓦棒葺屋根の高さに合わせて高さを変えているんです。

こういう場合に入れる角材というのは通常、3.5㎝か2.6㎝位なんですね。

でも使いたいサイズは3㎝。

だから材木屋さんに頼んで 少し削ったものを用意してもらっています。

少し手間をかけるだけでいいものが出来る。

どんな仕事でも同じです。

 

 

この時期ならでは困りごと 春先 風 黄砂 花粉症

寒い寒いと言ってるうちに2月も終わり春に近づいてきました。

屋外で作業しているといろんな困りごとが有りますがこの時期ならではというと、「花粉」、「急な突風」、「黄砂」などなど…。

幸い私はまだ花粉症は発症していませんが、ひどい人を見ていると冗談でなく、テッシュペーパーの箱とゴミ袋を常に持ち歩いています。

なんでも人には個人差はあれど受け入れられる容量が決まっていて、それを超えると発症するとかいう説もあるそうな。

黄砂も中国からのニュースを見ていると、あんまり吸い込まない様にした方がいいのかな~と思います。

でも一番厄介なのは風が良く吹くことだと思います。

事実、屋根の上で作業していると急に突風が吹いて屋根上のものが飛ばされたりします。

経験上強い風というのは「塊(かたまり)」で来ます。

いきなりドーンと風の塊に体当たりされる感じです。

長いもの扱ってるときなんか危なくてしょうがない。

2018228155935.jpg

さて、長らく腰痛手術の為休業していましたが、まぁ3月はホント軽微な仕事をボチボチとこなして、4月から本格復帰の予定です

以前と変わらぬお付き合いを賜ります様、お願い致します。

 

 

 

 

 

 

復帰の時期を模索しています 西宮 芦屋 宝塚

昨年の10月に腰椎の手術を受け、コルセット(着脱式のギブスみたいなもんです)で上半身を半ば固定して生活していたのですが、ようやく外せるようになりました。

2018218135925.JPG

体が楽だぁ~。でもまだまだ無理は出来ませんが…。

長年腰痛を抱えていた身からすれば 今の腰がスッキリした感覚はまさに天国の様です。

で、ぼちぼち仕事に復帰する時期を模索している所で有ります。

休業中に待って頂いていた銅板仕事も有るようですし、暖かくなってくると現場も動き出します。

2018218135958.JPG

近日中に正式復帰の時期をお知らせしたいと思っています。

 

同じような案件が続きます。芦屋 池田

2月に入って寒さも本番です。

池田で銅の樋が落ちたと工務店様から連絡が入りました。

201828141248.JPG

お伺いしてみると5~6階建てのマンションに付いている樋が6m位下に落ちていました。

なんでも昨年末の台風で落ちたとの事。

マンションで銅の樋というのもあまりない話なんですが、その工務店様も忙しくて今まで待って貰っていたんだとか。

モノが銅だけにホームセンターで間に合うものではありませんし。

まだ、私が現場で作業が出来ない状態ですが、加工だけしてくれたら こちらで取付けるということでしたので 加工、納品だけさせて頂きました。

チョットでも建築関係の仕事をされた方なら対応出来る様に作りましたので なんとか取付出来たみたいです。

ヤレヤレと思う間もなく、別の方から芦屋で銅の樋が落ちたと連絡が…。

201828141520.JPG

まだ下から見るだけですが これは厄介な予感がします。

来週調査に行ってきます。

この時期はマスクです。 西宮 宝塚 芦屋

毎日寒い日が続いています。

先日は西宮でもうっすらと雪が積もったりしましたね。

201812815411.JPG

この季節、屋根の工事で困るのが 朝、屋根に霜が降りて屋根に上れないことです。

以前、名塩で年末年始に屋根を葺いた際、北面はほぼ半日作業が出来ない状態でした。

おまけに時間と共に屋根の霜が溶けて上から落ちてくるもんだから、いつまで経っても下がビチャビチャ。

手にはめた軍手は濡れて半端なく冷たい。

とまぁなかなか過酷な状態で作業をする訳です。

そんなこの時期に私が良く着用しているのがマスクです。

2018128154147.JPG

まず自分の息で顔が暖かい。

マスクの中が適度に湿気が有って風邪の菌が付着しにくい。

この状態でヘルメットをかぶると、目 しか見えない為、話しかけても「お前誰だ?」状態になりますが…。

まだ屋根の上で作業は出来ませんが、このマスクだけはいつもつけて 風邪の予防にしています。

危険なことをするのが良い職人では無い 西宮 芦屋 尼崎

最近同業者の仲間と話したことなんです。

昨年末の台風×2回なんかが有ったりして、 屋根のトラブルなんで屋根に上がって欲しいというご要望が有りますが、やっぱり屋根って高い所にある訳ですから、正直上るのも怖い時が有るんです

2018118153551.JPG

当然ながら屋根には雨水が流れるように傾き(屋根勾配)が付いています。

これが急な場合、滑って上れません。(屋根材の種類によって若干の差が有ります)

また、3階建て以上の建物の軒先(一番先っぽです)に行くのもやっぱり危ないです。

モチロン作業足場があれば視覚的にも安心な作業が出来るんですが、やっぱり足場代というのがバカにならない金額でして ナントか無しで出来ませんか?…。という気持ちになるのは よ~くわかるんです。

昔は若かったせいも有りますし、世の中が「安全」というものを今ほど重要視していなかったせいも有り、今考えると結構無茶やってた気がします。

でもいくら慣れたプロでも「これは危ない、怖い」という気持ちが出るのは 一種の安全弁であり警告だと思うんです。

施主が喜ぶからと足場代をケチって、もし本人の転落、材料の滑落などで隣家に迷惑を掛けたりしたら、誰も得をしません。

働き方改革が提唱されている昨今、危険なことを平気でやる職人を喜んでいてはいけないと思うんです

ページ上部へ